新喜多にある鶴見印刷所で「鶴見印刷所フェスタ 2018SUMMER」というイベントが開催!!いよいよ全貌が明らかに!?ものづくり作家やクリエイター、ショップが集まる学びと交流の場に♪




城東区のもっとも西側に位置する場所、新喜多にある「鶴身印刷所」。

工場を支えてきた職人さんや工場長を描いた巨大な壁画があり、聞けば誰もが驚くような歴史のある元印刷工場だ。そんな元印刷工場が大規模なリノベーションをして、この春より「ものづくり作家」、「クリエイター」、「ショップ」など様々な方たちが入居し交流や学び場としての運営がスタート。

そしていよいよ、その全貌がお披露目されるイベント「鶴身印刷所フェスタ 2018 SUMMER」が9月2日(日)に開催されるようです!!

 

入居者出店者情報▼▼

igotta kitchen|ドリンク販売

家主が自ら飲食店営業許可を取得し運営する「貸し台所」では igotta kitchenさんが青森県弘前市佐藤農園の減農薬100%りんごジュース、無農薬生姜を使ったキリッとさわやかな手作りジンジャーエールの販売を行います。

———————————————————-
鶴身印刷|蚤の市

4月の内覧会でも大盛況だった蚤の市。もう少し残っているので再度開催します。家具や建具といった大物から食器や照明などの小物まで、歴史の深みを感じる品々が並びます。前回参加できなかった方はこの機会に是非。

———————————————————-
くらしと本のみせ スウス|古本屋

これまでは本屋さんで本棚の一角を借りて古本を販売したり、イベント出店されていたスウスさん。鶴身印刷所で実店舗を構えてくれることになりました。フェスタに正式オープン日を合わせて古本を販売されます。ゲストを迎えてミニ古本市も開催!

Doce Grão ドッセ・グラオン|珈琲豆焙煎

コーヒーの本場ブラジルからその美味しさを日本に伝えようと移住したフェルナンドさん。鶴身印刷所では珈琲豆の焙煎と販売をされます。本格的なオープンは9月末の予定ですが、当日はプレオープンします。通常は焙煎した豆の販売のみですが、今回は珈琲を淹れて販売もされます。

———————————————————-
toi.toi.to-i! | 木工工房

独立をきっかけに鶴身印刷所に入居された山本さん。子供用の木製家具や木製雑貨などを作成されています。ネット販売の開始予定は10月ですが、当日は木製のプランターカバーなどのプロダクトの展示販売を行います。

———————————————————-
Design Art Work | シルクスクリーン

シルクスクリーンなど、ものづくりの創作活動をしている熊元さん。元印刷工場だった鶴身印刷所に再び印刷を生業とするテナントが入居してくれたという嬉しいストーリー。昔ながらの手刷りのシルクスクリーン印刷を施すワークショップを開催されます。(参加費は印刷につかうトートバック込みで1,000円)

彫金アクセサリーアトリエ

店舗を持たず、即売会や招待制のオンラインショップでのみ作品の販売を行っている寺澤さん。耳飾りを中心に指輪やブレスレットなど、真鍮や天然石を用いたアクセサリーを展示販売されます。

———————————————————-
TEXTure|DVDレーベル

映像と音響、相互の関わりを開拓するDVDレーベルを運営する井伏さん。当日はイベントのDJ・VJとして、空間演出の一部を担当。印刷所を”音と色で飾る”というコンセプトの体験ブースを提供します。

———————————————————-
bnick.|スポーツウエアデザイン事務所

スポーツウエアのデザイナーとして活動されている杉前さん。アトリエをオープンし、当日はこれまでデザインしてきたスポーツウエアのクライアントワークに加えプライベートワークとして制作してきたハンドメイド作品を展示されます。

atelier le chainon アトリエ ル シェノン|花のアトリエ

ドライフラワー、プリザーブドフラワーの作品を、主にネット販売され、ロハスフェスタにもイベント出展されていた太田さん。これまでの自宅アトリエから鶴身印刷所に移転。リースやスワッグ、ハーバリウムなど花を用いた雑貨の展示販売を行います。

———————————————————-
BOWTIE SPECIMENS|蝶ネクタイ・ブランドのアトリエ

蝶ネクタイの歴史研究家でありデザイナーでもある「あらいけんじ」さん。ブランドの世界観が溢れるアトリエが特別に公開されます。蝶ネクタイの展示販売も行われる予定!

———————————————————-
igotta|カメラマン事務所

立売堀から鶴身印刷所へ事務所を移転したカメラマンの大坊さん。当日はプロのカメラマンに家族写真を撮影してもらおう!というワンコイン(500円)写真館を開催されます。撮った写真はその場でスマフォ、タブレットにデータでお渡しします。

 

という充実の内容っぷり。行ってもらえるとわかるんですが、内容の濃い出店者の方が勢揃いといった感じでまさか城東区内にこんなスポットができるとは思ってもいませんでした。

そして鶴身印刷所フェスタにも出店されていて普段はショップとしても運営されているお店を少し見せていただきました。

ショップとしてすでにプレオープンしている「SUS くらしと本のみせ スウス」さん

 

絵本・児童書・暮らしまわりの本・その他色々…買取もされるそうなので気軽にご相談してみてください♪うちにも結構読まなくなった絵本とかあるので今度買い取ってもらえるか査定してもらおうっと。

 

お隣はドッセグラフォンという自家焙煎の珈琲店

 

そしてSUSさんのお隣には自家焙煎の珈琲店が。オープンは9月下旬あたりということで少し先なんですがフェスタではプレオープンとしてコーヒーを提供する予定とのこと。

偶然通りかかったハマ珈琲のハマさんとコーヒーや焙煎機について談義するオーナーのフェルナンドさん

 

いや~まさかあの工場がこんな風に変わるとは思いませんでしたが、何だか素敵な場になっていて感慨深い!!これから少しづつ認知され城東区のキーとなっていく場になるかもしれません!!!

9月最初の週末、地元城東区の新たなスポット「鶴身印刷所フェスタ」に足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

【イベント概要】

日 時 :2018年9月2日(日)11:00〜17:00
場 所 :鶴身印刷所
住 所 :大阪市城東区新喜多1丁目4−18
交 通 :京阪電車 京橋駅より徒歩10分
JR京橋駅・東西線の南出口より徒歩5分
地下鉄鶴見緑地線 京橋駅より徒歩15分

参加費:無料(一部のワークショップ等は有料)

※駐輪場・駐車場のご用意はございません。公共交通機関をご利用の上、お越し下さいませ。
※当日の様子を撮影し、写真は後日各種メディアへ掲載される場合があることを、予めご了承下さい。

関連リンク:鶴身印刷所ブログ

MAP

 


▼読者の声から生まれた新サイト城東maps

(画像をクリックするとサイトに飛びます)