【JR鴫野駅前】独自の進化を続ける旅する食堂「味の更科」の『ジャンボハンバーグ定食』




 

JR鴫野駅前の更科といえば地元の人は知る人ぞ知る存在。

JJでもお店の前に設置されている自販機やメニュー看板について違和感を感じたことを取り上げたことも記憶に新しい事と思います。

【珍・おもしろ自動販売機シリーズ⑱】JR鴫野駅近く「味の更科」さんの前にある自動販売機。

2015.10.27

 

 
 
 
View this post on Instagram

城東じゃーなるさん(@joto_journal)がシェアした投稿

 

当時メニューボードに「ガパオライス」を発見した時にはコントみたいに強烈な二度見をした記憶が。今思い出しても鳥肌もんでした(笑)

まさに”ここには何かある!”と確信した瞬間です。

 

場所はご覧の通りJR鴫野駅前で、信号渡るとすぐに改札口。なんていいロケーションなんだ。

 

道向かいには「花京」や「産直旬鮮やました」など今年に入ってオープンした活気あるお店が並びます。

 

もはやどこをどう切り取っても歴史を感じる風合いの更科。この看板だっていい味出してる。

色んなところで見かける「更科」は暖簾分けとして広まったそうで、味付けなどは各お店によって違うんだそう。

なんだか王将や力餅みたいですよね。以前は多店舗とも繋がりや交流があったそうですが、代替わりや時代とともに少なくなっていってるんだとか。

更科がどんどん増えていってる当時はうどん・そばを中心に営業されていたそうなんですが時代と共にどんぶりやハンバーグをメニューに加えたりしてるうちに大衆食堂化してきてるお店が多いそうです。

こちらの「更科」は居酒屋風に形態を変化し進化させながら営業されていってるんですが、お店によっては昔のようにうどん・そばを中心にやってるところもあるらしい。ほんとそれぞれのやり方次第なんですね。

ランチのメニュー。

 

奥のメニューサンプルに立てかけてるメニューは夜メニュー。

 

長年やってるお店の特徴で、とにかくお店の情報量が多いという習性があるんですが、間違いなく更科さんも情報が多い(笑)

 

”ジャンボハンバーグ!?”

更科っていうところから中々想像できないメニューも沢山並んでいました。いや~これは独自の進化を遂げてるなあ~

お邪魔します!!

昭和の香りが漂う下町の食堂という雰囲気の店内。白色の大きなカウンターが眩しい!!

 

壁にはメニューやお酒、地方のお土産屋さんで見かけそうな置物が並んでいます。やっぱり情報量が多い!

こういうお店は独自のルールや店内文化が育ってる場合が多く、その文化が醸し出す雰囲気は新規店には出せない独特の空気感があるんですよね。

なんか落ち着くなあ~♪

 

福山雅治にキティちゃん、民芸品にメニューなど一見何の繋がりもないものが「更科」というフィルターを通すことで違和感なく溶け込んでいくカオスですね。

 

定食メニューも充実してるし丼物、カレー、炒飯、うどん・そば。

ここに来れば何でも食べることができる安心感があります。逆にありすぎて迷うぐらい(笑)

 

 

 

今回注文したのはこちら「ジャンボハンバーグ定食(800円)」

レトロで味のある鉄板にハンバーグにスパゲッティとポテトが入ったスタンダードなスタイル。

最後に秘伝っぽいソースを流し込むと「ジューーーーッ、、グツグツグツ!!」という音と共に豊潤でコクのある香りが店内に広がります。

「美味しいやつやん!!!」と心の中でガッツポーズ。

ジャンボというからにはサイズはジャンボなわけです。

久々にiPhone6+で大きさ比べ。多少の遠近感や移り方もあるので実寸大とはいかないかもしれませんが、これはほぼiPhone6+と同じサイズ感。

+そこに厚みがのっかってくるので、間違いなくジャンボです!!

 

もし注文されることがありそうなら、鉄板が熱されてソースが飛び散るので気を付けましょう。ぐらい熱々です!!

ご飯と一緒に食べたらハンバーグって美味しさ倍増しますよね~

 

ライスの盛られているこのお皿。中華っぽいテイストの「更科」のデザインがいいなあ~電話番号の「06」が入ってないところとかもそそられる!!!

ハンバーグの方は割ったらジュワっと肉汁がでてくるようなジューシータイプではないんですが、お箸でハンバーグを掴んで少しふったら揺れるぐらいぷるっぷる!!!

いわゆる今っぽくないジューシー感がありました。懐かしい味で一人ノスタルジックな気分に。

 

ライスを一口分を残して、この子と一緒にフィニッシュしたい(笑)

そう思わせてくれるこちらもスパゲッティ。ハンバーグのソースが少し絡んでて、ちょっぴり焦げて堅くなってる部分があって味がしみてる。。。

幸せ♡

 

そして最後はこちらのスープを流し込んでフィニッシュ♪

 

お腹一杯帯満足!!ごちそう様でした!!

 

タイトルに「旅する食堂」とつけたのは店主さんご夫婦は旅行が大好きで昔から国内外関係なく時間を見つけては出かけてると聞いたからです。現地ならではの食材を探し時に身振り手振りで、時に片言の言葉で交渉し調理法も教えてもらうというんだからバイタリティが凄い(笑)

旅先で見つけた関西に流通しないローカルな食材を旅が終わるとお店でふるまったりメニューとして還元されることがあるらしいのです。ガパオライスはその為だったんですね。

地元民や同業者に愛されるザ・ローカルな旅する食堂「味の更科」機会があったらぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

    • 【味の更科】
    • 営業時間:11:30~22:00
    • 定休日:不定休
    • 電話番号:06-6961-1813
    • MAP

 


▼読者の声から生まれた新サイト城東maps

(画像をクリックするとサイトに飛びます)