緑橋商店街にある「おやつショップはまざき」の『明石焼』を食べてみた!!もっちり厚みのある生地に大ぶりなタコが入った緑橋のソウルフード。。




緑橋からすぐのところにある緑橋西商店街を進み、緑橋商店街までさらに進むと創業して50年になる老舗粉もん屋さんの「おやつショップ はまざき」があります。

今回はこちらの名物「明石焼」を食べてきましたのでご紹介します。

雨除けのテント部分に書かれた屋号の文字がほぼ無くなっていました。歴史を感じる風景。

 

こちらに進むと「飲み処 食べ処 すえひろ」さんがあって、さらに進むと同じく粉もん系の「あかし屋」さんがあります。

東の「あかし屋」

西の「はまざき」

といった感じで、この界隈の人は明石焼や粉もん系を購入する際には好みでどちらかを使い分けているような気がしますね~

 

反対にこちらに140mほど進むと少し大きめの道にでます。角には韓国食料品店の「ヨシカネ食品」があったり、穴場な靴屋さん「SHOES HOUSE POPPO」や「手作り惣菜・弁当 黒潮食品」などが出てきます。

 

2代目となるご主人は当初、建築系の仕事についたそうなんですが40年ほど前はお店が忙しすぎて先代のお父さんの要請を受け、実家の「おやつショップ はまざき」に戻ることになったんだとか。

当時商店街全盛期。

商店街自体もめちゃめちゃ繁盛していて周辺にも大きな精肉店などをはじめ色んなお店が軒を連ねていたそうです。映画の撮影ロケ地になったり、芸人さんがよく来てたそうです。

 

待ってる間に次々と常連さんらしき人が来たと思うと阿吽の呼吸で注文を察して先に買い物いってもらったりして上手く時間調整する、さすがのさばきっぷり!!

 

どれも美味しそうで迷ったんですが「明石焼 お得です 14コ500円」の文字が!!これは名物明石焼の感想をレビューしなくては!

ということで、こちらが「明石焼 14コ (500円)」

袋持っている時から重量感を感じてたんですが開けて納得。1個1個が大玉サイズの明石焼です。しかも爪楊枝が4本入ってる(笑)

まさかこれ1人で食べるとは思ってないでしょうね~。

 

では実食!!

もっちりとした分厚めの生地に大ぶりなタコがドンっと入っていて食べ応えのある1品。1つ食べるとより一層大玉感を体感できます。

ほんのり効いてる出汁が丁度良い塩梅でソースがなくても、いやむしろソースじゃないからこそ美味しく感じる味付けになっています!!明石焼やからね~と言われればそうなんですけど汗

2~3人で食べても十分いける14個でした。

 

「はまざき」の口コミ

 緑橋の商店街にある 持ち帰りのお好み焼きです。
 ちょっと通りから入ったところにある商店街。
 アーケードではないですが、プラプラ探索。
 店を見つけ寄ってみる。
 焼たてよりも、すぐ持ち帰れるのを選んでしまう。
 1枚 豚玉があり購入。

 帰って食す。 まず何気に重量感がある。
 ソースは中にぬってて 中折り (外面はソースなし)
 細かく刻んだキャベツが結構入ってて、食べごたえあります。
 肉・玉子もしっかり存在感出してます。
 これで350円はいいかも。

 土日は何気に客が来てます。不思議なことに並ぶことがないが、
 コンスタントに来て買ってます。
 まさに街の地元客に愛されるお好み焼きでした。

引用:食べログの口コミより

>>食べログの口コミを見る

少し前の口コミになるんですが、書かれてある通り土日だけでなく平日でもコンスタントにお客さんが来ていて少し待ってもらうという場面も目にしました。

次はお好み焼き、焼きそば系を食べてみたいと思います!!緑橋商店街に来た際にはぜひ♪

 

ハマサキ

関連ランキング:お好み焼き・たこ焼き(その他) | 緑橋駅深江橋駅

 

 


▼読者の声から生まれた新サイト城東maps

(画像をクリックするとサイトに飛びます)