深江橋はミナミカメラがあったところに「阿倍野だんご本舗」が近日オープン。厳選した材料を使用した、手づくりの究極 和スイーツ店。




深江橋の交差点の一角、ミナミカメラがあったテナントにこの辺りになかった和スイーツのお店「阿倍野だんご本舗」が近日中にオープンするそうです!

この界隈ではスーパーで購入するしかなかった和スイーツ系。本格派の和スイーツの専門店ができるとあって、オープンが楽しみ!!近日オープンっていつなんでしょう。

 

「阿倍野だんご本舗 深江橋店」の営業時間やアクセス

店舗名阿倍野だんご本舗 深江橋(仮称)
住所〒537-0001 大阪府大阪市東成区深江北2丁目1
TEL???
営業時間9:00~19:00(都島店参考)
定休日年中無休(都島店参考)
アクセス大阪メトロ中央線「深江橋駅」2番出入口から5秒。
ホームページhttp://www.abenodango.com/miyakojima.html

 

深江橋の交差点の一角ということで、かなり目にする機会は多くなるんじゃないかなと。おやつや手土産的な使い方も十二分にできるのでシーンによって使い分けができる!

 

阿倍野だんご本舗ってどんなお店?

ホームページによると大阪市内に8店舗展開する「阿倍野だんご本舗」。直近では2月に近鉄上本町駅店がオープンするなど、今年になって出店が相次いでいる様子です。

 

阿倍野だんご本舗はきなこだんご一筋。厳選された材料を使用し、一本一本手作りしております。本物の味を是非ご賞味ください。

 

秘伝の蜜に最上級のきなこ・・・・

ホームページを読んでいると、きなこ好き、和スイーツ系が大好きなタカシJJとしてはたまらない謳い文句が。。。きなこだんご食べたい!!!

 

天然の風味を生かすために添加物、着色料、合成保存料は使用していないということで安心!!20本1,780円の大人買いしてみたいですね。

 

気になったので、近くの店舗「阿倍野だんご本舗 都島店」に行ってみた!

深江橋店になるであろうテナントよりもかなり大きくて、イメージしてたこじんまりとした和菓子屋さんとは違い、コンビニ跡地に入ったような店構え。

がっつり大きいっ!

「きなこだんご」をはじめ、「塩おはぎセット」、「本わらびもち」、「和風セット」など単品からいろんなメニューが楽しめるセット商品まで選びたい放題なメニューが並んでます。

 

それにしても、どれも美味しそう〜

売場面積に比べ、店内工場の占める割合が広いことにびっくり(そこ⁉︎笑)

 

よーいドンへの出演も過去にされていて、メディアへの露出もなんとなく多そうなイメージです。

 

これが「阿倍野だんご本舗」の究極の和スイーツ、きなこだんごだ!!

1本だけ購入(笑)

市販で販売されている、みたらしだんご(100円ぐらいの安っす!ってなる、あのみたらしだんご)の3分の1ぐらいの大きさで、表面にはたっぷりきなこ。

 

裏を返すとだんご。というコン部分が丸見え。コントラストの高いだんごです。早速実食に参りましょう♪

 

程よく噛みごたえもあり、もちとしてのねばりもあります。マイルドで優しい食感に加えてドンピシャな甘さ加減。ひと口でパクリと食べれる女性にも嬉しいサイズが幅広い世代に受けそうな「きなこだんご」。

量で押し通さない、、、「大人のスイーツ」

至福の時〜♪

 

「阿倍野だんご本舗」の口コミ

催事やイベントにも積極的に参加されていたり、期間限定の商品があったりと飽きさせない工夫もされているように感じます。これは益々オープンが楽しみ!!

 

まとめ:和スイーツの専門店が周りにないので流行りそう♪

「量」重視といった感じではなく、あくまで究極の和スイーツというこだわりを随所に感じさせながらも、手ごろ感もあるお店で深江橋を中心にこの界隈の地元の人に愛されるお店になりそうな予感。

深江橋といえば、4年前まで不二家があったのを思い出しますが、久しぶりに深江橋の交差点にスイーツ系のお店ができることになりそうです。

 

▽合わせて読みたい

深江橋にあった「不二家ファミリーチェーン深江橋店」が閉店してる。閉店したのは1ヶ月前の7月30日。

※「みきっぺ」さん、「misuzu」さん情報提供ありがとうございました!!

 

 

 

関係ないんですが、となりで作ってた「とりだん 深江橋店」が3月19日(火)にオープンするみたいです。

▽こちらの記事もオススメ

深江橋にあるロイヤルプラザに「炭火焼鳥 とりだん 深江橋店」が3月中旬頃オープンするみたい。もと笑笑 深江橋店があったところ。