今福東に「La Pentola(ラペントラ)」が帰ってきた!!世界初!?の窯焼きシュラスコレストランをオープン!で、シュラスコって何なの!?

CASAカラー記事内上部バナー

こんにちは、タカシJJです。

今福東にあった「La Pentola(ラペントラ)」。今年1月に閉店されたのも束の間。もともとの創業者である安田さんの熱い気持ちにより再出発をすることに‼…

と思いきや新型コロナウイルスにより、いつになったらオープンできるのか!?という大変な事態に。

そんな中、クラウドファンディングを実施し、オープンが延びる中、遂に満を持して6月1日に新生「La Pentola(ラペントラ)」がオープンしました!!

シュラスコ」や「世界初!?」など気になるワードが溢れる新生「La Pentola(ラペントラ)」に先日行ってきましたのでご紹介したいと思います。

 

「La Pentola」の営業時間とアクセスなど

住所大阪市城東区今福東2丁目9−22
電話番号06-6786-4654
営業時間月~日:ランチ11:30~15:00 ディナー18:00~22:00/土日祝日は17:30~日曜日のみ、21時クローズ
定休日水曜
駐車場近隣に提携駐車場アリ
アクセス大阪メトロ長堀鶴見緑地線「今福鶴見」駅から徒歩3分
関連リンク公式サイト

※取材時の情報になるので、最新情報は関連リンク又はお店にお問合せ下さい。

お店の前には「東今福公園」があります。この公園があるのとないのとでは雰囲気が全然違うんですよね。

 

「La Pentola(ラペントラ)」といえば、こちらのテラス席。公園をみながらの食事もでき、ワンちゃんの同伴もOK。

 

お店自体には駐車場はありませんが、近隣にはポツポツとコインパーキングがあります。

のどかなやなぁ~♪

 

そもそも「シュラスコ」って何なん?

ここで改めて皆さんが感じている疑問をスッキリさせておきましょう。

「シュラスコって何なん?」

これに尽きるかと笑


馴染みなさすぎてタカシJJは「シェラスコ」ってずっと言い間違えたので要注意!「シュラスコ」だからね!

で、なんなの?ってことなんですが、ひと言でいえばブラジル流のバーベキューのこと。

ポルトガル語でバーベキューのこというらしいです。

鉄串に牛肉や豚肉、鶏肉を刺し通し、荒塩(岩塩)をふって炭火でじっくり焼くものです。焼きたてをお客さんの目の前で切り分けるので、エンターテインメント性が高く『映える』メニュー。

なんかケバブのお店とかでお肉を切り落としてるところ見かけるけど、ざっくり言うならばあれをテーブル上でやってくれるってことなのかな?確かに目の前で美味しそうなお肉をカットされちゃ~テンション上がりそう♪

オーナーの安田さんによるとお肉を切り分けたらまた焼いていくので、表面パリッと中はふっくらという常に美味しい状態のお肉を食べることができるんだとか!

 

木をふんだんに使用した開放的でボタニカルな空間に♪

窓が開いてるからなのか?窓が大きいからなのか?非常に開放的でなんだかすごく気持ちの良い空間。

あまりに気持ちよくて目を閉じると、脳裏に浮かぶのはブラジルのリゾート地コパカバーナビーチ!!…に来てるような気分に♪

BGMは音量小さ目なラテン系MUSIC♪

そう!ここはブラジルだよ!笑

 

ソフトドリンク・サラダ・スープ・前菜のビュッフェ490円(ビュッフェ単品は790)幼稚園以下無料・小学生380円

コロナウィルス感染防止のため、オーダーでサラダおかわりし放題となるビュッフェスタイルでのご提供でしたが現在は通常のビュッフェがはじまってるそうです。

 

世界初!?窯焼きシュラスコ

あれが以前からあった1.5tもある薪窯。初代「La Pentola(ラペントラ)」を立ち上げの際に作ったんだそう。すごっ!!

 

窯の中に自家製のお肉を焼く専用台が!!専用台は薪窯で肉を焼くために、シュラスコお兄さんが考案したものだそうで、

本来のシュラスコのように直接お肉を焼くのとは違い、窯でお肉を焼くとふっくらとして肉の甘みが強調される仕上がりになるんだとか。

楽しみすぎるぞ!!

 

新生La Pentolaのメニューはこれだ!


シュラスコの楽しみ方がメニュー真ん中にカラーを変えて分かりやすく書かれています。

さらに平日ランチ、土日ランチ共にメインは

  • シュラスコプレートA1.200円/B1.300円
  • 窯焼きチーズカレー880円
  • ローストビーフ丼 980円

といったラインナップにブッフェ(ソフトドリンク、サラダ、スープ、前菜のブッフェ)880円

※メインとセット200円引き

あとはスイーツなど。

夜は基本的にホジージオスタイルでお肉食べ放題&ビュッフェ(2時間制・90分ラストオーダー)

ディナー割引システム

平日ディナー
お肉+サラダ・前菜・ライス・カレー・ソフトドリンクバー付き 3,180円

金土日祝日ディナー(祝前日含む)
お肉+サラダ・前菜・ライス・カレー・ソフトドリンクバー付き 3,780円

 

FREE Drink(2時間制・90分ラストオーダー)

 

飲み物

ワインの種類も豊富。

 

メニューの詳細は公式ホームページへ

 

シュラスコプレートBを食べてみた!


待つこと数分。

シュラスコプレートB(1,300円)ビュッフェ(490円※ビュッフェ単品は790円)をつけたもの。

運ばれてきたこれこそ!と言わんばかりのお肉にテンションが上がます。ほのかに香る肉の香ばしい香り!!さらにたっぷりなサラダがあるので罪悪感もありません(笑)

 

横からのアングルがよりお肉感たっぷり♪

写真でみるとお肉もさほど大きさを感じさせないのですが、正直結構なボリュームです。

さぁ!!肉をたべるぞーーーーー!!

 

肉ーーーー!!!


まずはこちらの牛肉から。

少し硬いんじゃないかな?と思ってたけど、そんなことありません。肉本来の食べ応えとほのかな甘みを感じるジューシーなお肉で非常にシンプルな味付け。

俺、今肉食べてるぞ!!と超実感できるメニューです。

串のまま、丸ごと食べるのは大変って方は串から取り分けて食べるのをオススメします。

 

表面はカリっと中はふっくら弾力のある仕上がり。

 

トマトと玉ねぎのマリネっていうの?酸味があって一緒に食べるとこれまた美味しい♪

いろんなものと合わせて食べるのも味変できるし、これまた違った美味しさを堪能できます♪個人的にこれめっちゃイチオシ美味しかったです。

 

続いては鶏肉を食べてみたいと思います。

 

こちらも結構ダイナミックなサイズ。

見るからに表面カリっとしてて、中はふっくら♪味付けもしっかりしてて、グイグイ食べれちゃいます。

ナイフで切っておいて…

 

ON THE ライス、そしてバウンドさせて食べるもよし!!!

美味い!!

 

続いてはソーセージ。

サクッという皮を切る音、香りは最高に香ばしくてハーブ?スパイス?の香りと味付けが日本にはない味だったので確認したらブラジルのソーセージとのこと。さすがブラジル!今福東でこんなにもブラジルを味わえるなんて♪

このジャガイモもめっちゃ美味しかった!!

ちなみにランチは「エスペチーニョ」という小さな串を刺したお肉で提供する「シュラスキーニョ」というスタイルなので厳密にいうとシュラスコとは違うそうです。シュラスコはもっとダイナミックなんだろうなぁ~

いや~大満足でした!

 

最後に

いかがでしたか?世界初!?の窯焼きシュラスコレストランへと変貌をとげオープンした「La Pentola(ラペントラ)」。心斎橋や梅田などで食べると7~8,000円するものが今福価格で3,000円台でお腹いっぱい食べれちゃうんだから贅沢な話です。

取材に訪れた際にはお店にはいなかったんですが、日本最大のシュラスコレストランで修行し、ブラジル本国のシュラスコレストランを食べ歩き、自分でもシュラスコのチームを主宰する“シュラスコお兄さんがいてるそうなので、また機会があればお話を伺ってみたいと思います。

気になった方はぜひ一度お店の方に足を運んでみてはいかがでしょうか♪