蒲生に「福寿家与八 本店」という和菓子屋さんがオープンしてる。田中止鉄工所の裏手にある住宅街の一角。




こんなところにお店!?付近を見回してもどこか分からなくなるような立地。蒲生はのとある住宅街の一角に先週月曜日にオープンしたという和菓子屋さん「福寿家与八 本店」にお邪魔してきました!!

 

 

▽地図ではここ

マップを見てもちょっとわかりにくい場所なのですが、目安として1号線沿いに「ローソン蒲生二丁目店」があって、その道向かいに「田中止鉄工所」があります。

 

この鉄工所に沿ってある「蒲生二ふれあい公園」を先へ進んでいきます。

 

公園の真ん中あたりにでてくる巨木を右折します。

 

こんな景色が続くので道なりに進んでいきましょう。

 

矢印の方向に進んでいくと、、、

 

はい!到着!!!

まさかこんなところに和菓子屋さんが現れるとは!!!

 

シンプルなメニュー構成で基本的にFOODは草餅か黒豆塩大福。

早速お店を取材したいと思います。

 

お邪魔しま~す。

ショーケースの中にズラッと並ぶお餅たち。

 

そしてこちらがイートインスペース。

 

ショーケースの中には先ほど看板に書かれた2つのお餅がズラッと並んでいました。「一瞬本当に2種類なんだ!」とビックリしたんですが、よく見ると黒豆塩大福は中が「あんなし」と「つぶあん」の2種類。

そして草餅に関しては「あんなし」「白あん」「豆草」、

 

さらに「きな粉あん」「こしあん」「つぶあん」の6種類もありました。

お店の中を見渡すと「わらび餅」のポスターが貼ってあったりするので、わらび餅はないんですか?と聞いてみたところ、どうやらわらび餅のシーズンは夏ということで販売はされていないということでした。

残念!!

 

出典元:公式サイト

公式サイトによると福寿家与八のオリジナル和菓子として、

 

フルーツ大福や、わらび餅、

 

さらには串で繋がったみたらし団子ではなく、中にとろっとしたたれが入った、新食感のみたらし団子に

 

いろんな種類のプリンなど多くのメニューが存在し全国へ卸されているようでした。

実はもともと小さな工場で製造されていたのを、引っ越す際にどうせならお店もやって小売業態もやってみようというのが始まりなんだとか。やってみたらやらなきゃいけないことが多く結構大変。順次出せる状態になったらさっき紹介した和菓子たちも店頭に並べていきたいとのこと。

 

ということでこちらが草餅です。これだけ見てたらどれだけ草餅好き!?って言われそうですがさきほど紹介した通り実は中身は全て違うんです。

 

ジャーーン!!

左から「あんなし」「白あん」「豆草」「きな粉あん」「こしあん」「つぶあん」と並んでいます。

もっちりとした重厚で粘り気のある草餅に、それぞれの餡が入ることで味にバリエーションができて楽しめることができます。ぼくのオススメは「きな粉あん」ですね~。若干湿ってまとまりのある「きな粉」は食べやすい上にいわずもがな皆さんにとっての鉄板メニューであるはず。

あんこは好きじゃないけど、「餅が好き」という人も意外に多いらしく、注文される方も多いんだとか。よりダイレクトに草餅の風味を感じることができて餅好きにはたまらない一品。

こしあんの餡は甘さ控え目で食べやすかったです。いくらでも食べれそう….(笑)

表示は4つや6つ単位で書かれていましたが、単品ずつでも購入できるので1つずつ味を食べてみるのも好みがわかって面白いのでオススメです。

少しわかりにくい立地ではありますが、一度足を運んでみてはいかがでしょうか♪

 

  • 【店舗詳細】
  • 福寿家与八 本店
  • 住所:大阪市城東区蒲生2丁目7−12
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:???
  • 電話番号:06-6935-2100
  • 関連リンク:公式サイト
  • ※記事作成時の情報になりますので、詳細はぜひお店に直接お問合せしてみてください。