教えて、いくらJJ!!不動産あるある。「買う派」「買わない派」あなたはどっち?

CASAカラー記事内上部バナー

こんちは、タカシJJです。

不動産に関する記事を配信する中で読者さんをはじめ、知人、友人から聞かれる事の多い質問がタイトルにあるように家を「買う派」「買わない派」問題。

「城東区へいらっしゃい!!」でご紹介した城東区の不動産たち【まとめ】

2020.08.26

今まさに家の購入を検討されている方はもちろん、買い替えや売却などをご検討中の方も含め、「買う派」「買わない派」問題について不動産のプロであるいくらJJに解説もらいました。いつになく真面目に語るいくらJJの話を参考にしていただけたらと思います。

 

キーワードは「今、あなたは幸せですか?」

いつになく真剣なまなざしのいくらJJ

ーいくらJJと「城東区にいらっしゃい!」の企画をやり始めてからというもの読者さんを始め、友人・知人からも「家は買う方がいいのか?借りる方がいいのか?」問題についてぶっちゃけどっちがいいの?ってよく聞かれるんです。

僕自身は10年以上前に家を購入してるんで「買う派」を選んだんですが、実際のところ不動産あるある問題について果たしてどちらが正解なんですかね?

いくらJJ:なるほど。確かに不動産質問あるあるですね(笑)

ではタカシJJに聞きます。

 

「今、持ち家があってご家族と住んでいて幸せですか?」

ーえっ!?…(何この質問、汗)

し、幸せですね。

いくらJJそしたら今、持ち家で正解です。家っていうのは家族で住んで生活してることがベースです。その中でご家族が今幸せを感じられてるというのが幸せな家であり、正解なんですよ。

しかもタカシJJの場合は若いうちに購入されてるとなると、なお正解ですね。これはいろんな正解論があるんですけれども、少なくともタカシJJにとって今は購入されてて良かったと思いますよ。

 

 

ーその選択が正解かどうかはそこで暮らす僕も含めた家族の幸福度によってことですか?

いくらJJまずそれが一つの正解であるっていうことです。あとは「資産計上」や「税金対策」といった別目線も含めて正解なんですよ。

ー「資産計上」…「税金対策」…難しい話はわからないけど、いくらJJ的には「買うか?」「借りるか?」問題で言うと買う方をオススメすると言うことですか?

いくらJJ:それはね、また人によるんですよね~

 

部屋が借りれなくなる!?

ーええ~~そうなんですか!?まぁ確かに人によるか…

僕、家を購入する際に「別に賃貸のままでいいんちゃうかな」って正直思ってたし、今でもそういう意見をもってる友人も少なくないんですよ。例えば賃貸で借り続けるっていう選択ってどうなんですかね?

いくらJJ:そうですよね。今は特にそういう感覚の方多くなってきてると思います。若い時は大阪住んだり、京都住んだり、東京住んだり、場合によっては海外に住んだりね。景色も変わったり刺激的でそれはそれでアリなんですけれども、ただそこには大きな落とし穴があって、実は年齢を重ねていくと部屋って借りづらくなる傾向にあるんですよ。

 

ーえっ!?どういうことですか?年をとると部屋を貸してくれないんですか!?

いくらJJお金持ってても大家さんとか管理会社なんかに断られるケースが近年増えてきてるんです。

ーえーーーー!?それは何で何ですか?

 

いくらJJそれはね、社会問題にもなっている「孤独死」とか「突然死」それに「年齢を重ねることでの様々なリスク」について懸念されはじめてるからなんです。

例えば痴呆が始まったり、何か騒音などに対するクレーマーになったりとか色んなリスクが出てくるんですよね。でもやっぱり賃貸って共同生活なんで隣の人の声がうるさいとか隣近所の人に迷惑かけると住みにくいし、住めなくなっちゃうんですよね。

ーあ~なるほど。確かに貸す側の立場で考えるとリスクは高くなりますよね。

 

いくらJJやっぱり年を取って、先ほど言った通り痴呆をはじめ身体的な変化が色々と出てきますし、「孤独死」とか「突然死」とかもあるんで、そういう事があると物件のマイナス評価に繋がるので、良いマンションや物件ほどそういうのって嫌がられるんですよ

ー不動産に対するアプローチの仕方や選択肢が増えている一方で、お金を持っていても健康上の理由だったり様々な理由で断られるケースがあるって事なんですね。

 

いくらJJ:そうなんです。東京の方では芸能人でお金持ってても借りれなくて困ってるっていう人多いって聞きます。

結局年齢とか社会的信用とかっていう物差しは存在していて、持ち家だと信用度の点数は上がるんですね。逆に資産として不動産を持っておらず、年齢を重ねてくると「大丈夫?」みたいな目で見られる風潮があって、いまだに信用を測る一つの指標になっています 。

ーいやーそれはちょっと今まであんまり考えたことなかったですね

 

いくらJJ20代30代の時に70歳になった時のことなんか想像できないじゃないですか。僕らは不動産してて実際に部屋を貸す場合にリスクが高い方だと管理会社等から「大丈夫ですか?」と聞かれる現状があるので、そうなってくると断らずをえないっていうのが現状ですね。

「住めたら、どこでもええねん」っていうのであれば大丈夫かもしれませんが、いろんな賃貸物件に住んでこられて良いところも知っている人が、例えば「狭いユニットバス」だとか「ちょっとへんぴな場所」であるとか条件付きの住まいしか選べなくなってくる可能性が非常に高いんですね。

ー今までそれなりの所に住んできてるでしょうし、年も重ねてきて不便なところや環境の良くないところに住むって確かに嫌になりそう….汗

 

いくらJJそうなんですよそんなフットワーク軽く、若い時みたいに動けないんですよね。

そうなってくると選択肢の幅がどんどん狭くなってくる可能性が高い上に、毎月8~10万っていう家賃を払って賃貸に住むの?って。それだけ払っていても自分にリターンがあるかって言うとないわけですよ。

 

トークにも熱がはいるいくらJJ

ところが購入するという事、つまり自分の持ち家っていうのは毎月ローンを支払っていたら自分の資産になっていくんですよ。

最悪30年40年経って家がボロボロなってきても、土地があるじゃないですか。40年経っても場合によってはマンションが1000万で売れたりって言うのもあるので、いざ自分が70~80歳になった時にそれを売って老人ホームに入ったりとかっていうパターンも最近多いんです。

ーなるほど~。めっちゃリアルな話やなぁ~

 

いくらJJだからもしご家族みんなが欲しいなって思うんであれば僕は絶対買った方がいいと思うんです。

ーでも今の話聞いてると家族がおっても一人でおったとしても長い目で見たら買っといた方がいいような気がしますね

 

ポイントは「場所」と「買い方」

いくらJJでもねそれはね「場所」と「買い方」によるんですよ 

ー「場所」と「買い方」!?

 

いくらJJ:そうなんです。よく皆さんね騙されて買うんですよ。不動産とか建築屋さんてやっぱり家を売ってなんぼなんですよ。家でもピンからキリまであってそれを売らんと商売にならないので売りにかける。

そういった物件を一般の人は知らずに購入してる場合もあるわけですよ。そういう物件は買った時点ですでに価格が下がってるものなんです。

ー売れ残ってるからこそ…って事ですか?

いくらJJそうですね。そうなってくると、次売る時になかなか売れないとか売りにくいといった状況に陥るんですよね。

ー同じ家やけど「その場所」「その物件」であるが為に将来的に売却する際にしんどくなるってことか…

 

いくらJJ将来ローンと修理代がかさんできて支払いができないとかね、実際新築で買っても5年くらいで水漏れしてきたりとか普通にあったりします。

今はいろんな保証とかあったりしますけど、実際住んでいてポロポロ問題が出てきたら「これほんまに30年住めるのか?」みたいな疑問や問題が出てくるんですよ

ー高い買い物してるのに!!それっていわゆる不良品と言うか….そんなの実際にあったりするんですか!?

いくらJJありますあります。だからよく裁判なってますよ。悪い建築屋さんとか不動産にあたると。

ー言うたら悪いものを高く買わされてるってこと?

 

話聞いてて怖くなってきた汗

いくらJJそうですそうです。でもみんな分からないじゃないですか。一生に一回買うか買わないかなんで。言われるがままにバンバン営業かけられて、大手の名前出されたら「ええもん」やって思うでしょ?でも大手の営業マンなんてみんなすぐに転職したり配属先が変わるんで実際どうかな?っていう部分も多いんですよ正直。

ー言われてみれば確かにそうだ…汗

 

だからまず購入するのはいいけど、養う目を持つっていうのが大事で、自分が20代、30代、40代っていう時に5年後、10年後、20年後っていうのを見据えて購入するっていうのが大事なんですよね

ーいや~でもそれ難しくないですが?実際若い時に先のこと考えていい物件を見定める、不動産に対する教養を高めるってすごい難しいような気がしますね。だって経験がないんですもん!!

 

いくらJJだからそういう時は信頼できる所に相談したりご自身で勉強したりするっていうことが大事なんですよ。一生に1度か多くて2度あるかないかの大きな買い物ですしね。

ーなるほどね~。こんなにまじめにかつリアルな現状を語ってくれるなんていくらJJありがとう!!またいろいろ教えてください!!

いくらJJ:いえいえこれが専門分野なんでね、なんでも聞いてください。

 

まとめ:買うか借りるかはその人次第!!それぞれのメリット・デメリットを理解し、長期的視野で考えよう

人生でもっとも大きい買い物の1つなのに知らない事が多く、短期的な視点で賃貸を選んだり、またはその逆で買ってしまったりしてしまいがち。

大事なのは自分やまた家族にとっての「幸せ」ってなに?っていう本質的な問題と5年後、10年後、老後と生活環境の変化を想像して選ぶことなんだなと取材を通じて感じました。

またいくらJJに不動産について、いろいろ聞いていきたいと思います!!

それではまた!!

 

▽不動産についてのご相談はこちらから

「城東区にいらっしゃい!」という企画をはじめます。城東区の不動産情報をお届け♪

2020.06.24

▽今までご紹介してきた物件情報はこちら

「城東区へいらっしゃい!!」でご紹介した城東区の不動産たち【まとめ】

2020.08.26