ニトリ放出店の今。オープンまでの定点観察その1

CASAカラー記事内上部バナー

こんにちは、タカシJJです。

内環沿い、広栄化学工業跡地の一部をニトリホールディングスが売却しニトリの建設を進めるという記事を過去に何本か配信してきました。

そして次第にニトリか?ニトリモールか?ということに区民の注目が集まる中、過去の記事ではニトリ建設後、ニトリモールも建設予定!!とお伝えしていたところ「土壌問題」が浮上し、ニトリモール建設中止説もありえるのでは!?という話になっていました。

やっぱりニトリモールも建設される!?揺れる建設予定地、今後はどうなる!?

2020.01.10

今回の記事ではその問題はとりあえず、おいておいて(おいとくんかーい)、現場では工事が本格的にスタート。そして来春オープンへ向け、ニトリ放出店の完成が間近に迫っているこのタイミングで定点観察記事をスタートさせたいと思います!!

地図ではここ↓

放出西って鶴見区でしたっけ!?

はい!というわけで現場にやってきました。

前回9月14日に配信した記事の時よりもかなり工事も進み、建屋が完全に完成していました。建屋の周りにまだ足ばやらいろんなものが囲っているので見えにくいですが、完全に出来上がっています。

もう少し寄ってみましょう♪

 

1階部分の手前と奥側に出入口が設置されてるのが見て取れます。

うん、こりゃニトリだねってわかるほど出来上がっています。

 

「ニトリ 放出店 予定地」と書かれてあった横断幕が「ニトリ 2021年初春 オープン」へと変わっていました。

前回の記事でもともとはこの秋竣工予定とされていたので…なんてことを書いていたんですが、その時からすでにこの横断幕だったみたいで読者さんからのご指摘を受けておりました。

情報提供ありがとうございました。間に合うわけないもんね(笑)

 

出典:ニトリ公式ホームページより

さてさて工事も進む中、スタッフも現在積極的に募集をしてるようです。ご近所に住む方もここでのパートやバイトとなると通勤時間もそんななにかからないし職場としてもいいかも!?

フルタイム、中遅番メイン、早朝搬入スタッフと3つのカテゴリーに分け現在募集されています。

 

最後に上空から。

右側のスペースは駐車場になる予定なので何も建設されることなく、アスファルトを敷いたら完成でしょう。問題はその奥の再来年以降に建設予定しているニトリモールがどうなるか?ですよね。

 

前回の記事でも紹介した説明会で配布されたという図面を見てみると、その通りに現場は整備されていました。

正直図面を見てると、現在建設中のニトリよりも敷地面積も大きいような感じにみえますし。。。。

とまあ現在の現場の状況はこんな感じでした。

現場は刻一刻と変化していくので日々姿を変えていきそうです!!

今後もできる限りオープンするまでは定点観察を続けたいと思います。できたらオープン前のニトリ放出店の店内を記事にしたい!!ということで….

ではまた!!