建設が進む「ニトリ 放出店」の今。いよいよ建物の全貌が見えてきた!!

CASAカラー記事内上部バナー

こんにちは、タカシJJです。

内環沿い、広栄化学工業跡地の一部をニトリホールディングスが売却しニトリの建設を進めるという記事を過去に何本か配信してきました。

そして次第にニトリか?ニトリモールか?ということに区民の注目が集まる中、前回の記事ではニトリ建設後、ニトリモールも建設予定とお伝えしていたところ「土壌問題」が浮上し、ニトリモール建設中止説もありえるのでは!?というところで終わっていたんですが、

前回の記事同様に今回の記事ではその問題はおいておいて(おいとくんかーい)、いよいよ現場では工事が本格的にスタート。ニトリ放出店の全貌が見え始めていましたので、その辺りも含めて現場の今の状況をお伝えしたいと思います。

 

少し離れたところから見ると全貌が分かりやすいんですが骨組みがいつの間にか出来上がりつつあります。いよいよだなぁという気がしてきましたね。

 

現場の中心部にズドンと走る道。正面(ニトリモール建設予定地)と右手はまだ何も着手していない様子。右手側は駐車場スペースになる予定なので恐らくアスファルト仕上げにして線を引いたら終わりでしょうから最後の方になりそう。

市内ではあまりない駐車場ただとかなら嬉しいんやけど。それはないか~(笑)

 

前回の記事でも紹介した説明会で配布されたという図面を見てみると、その通りに現場は整備されていました。

2020年秋に竣工なので工事が急ピッチで進められているのかもしれません。結構な頻度で内環を車で通りますが、こんなに工事が進んでるなんて全然気づきませんでした。

いきなり目の前に広がる巨大な建物にびっくり!!

 

取材したの数日前。この時はまだ建物全体の大枠は出来上がってませんでしたが、昨夜通りかかった際にはすでに建物の大枠は完成し全貌が見えていました。早くない!?

 

想像してたよりも内環沿いに建物ギリギリに建っているので歩道を歩いていると中々の圧迫感(笑)こうして間近で見ると改めてその大きさに圧倒されます。

郊外で建設されているニトリや鶴見イオンまではいかずとも区内でこれほどの大きな建設物を建てられることも今後もそこまでないと思うのでどう仕上がっていくのか楽しみです。

 

現場の真ん中に通る道から角まで建物が続くのでやっぱり大きい!!さきほども書きましたが昨晩の時点では角の方まで骨組みが出来上がってたので、今週中には外壁とかまで完成しちゃうかも!!

 

新型コロナウイルスの事があり工事が思うように進められなかったこともあると思いますが、この秋に竣工の予定だったので現場は大変そうです(工事関係者の方に話を聞けたら聞きたいと思います!)

なんにせよ城東区最後の(たぶん)大型工事である「ニトリ 放出店」。オープンするまで取材し続けたいと思います!!

オープン前にお店の取材できたら嬉しいんですけどね。ニトリさん!!お待ちしております!!(笑)

 

これまでの流れをプレイバック‼

【速報】広栄化学工業大阪工場の残っていた敷地2.5ヘクタールの売却先が「ニトリホールディングス」に決定したみたい‼

2017.04.27

2019年6月末の完成目指し「日本経済新聞社」の工場建設工事が開始!!内環沿い広栄化学工業大阪工場跡地にて。

2018.09.06

内環沿い「日本経済新聞 大阪工場(仮称)」の現在の様子。完成予定は6月末に。ニトリの建設工事はどうなってる!?

2019.01.11

【(仮称)ニトリ 放出店】遂に決定か⁉内環沿い工場跡地の本格的な工事が6月よりスタート♪

2019.12.17

やっぱりニトリモールも建設される!?揺れる建設予定地、今後はどうなる!?

2020.01.10

本格的に建設スタート。「ニトリ 放出店 予定地」の看板が掲げられてる。

2020.06.14